猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。病気にならない方法がわかるのは経験者のみ。どうしたら健康的な生活が送れるか?投稿していきます。あと、海外や経済的自立のこと、恋愛のことなども投稿していきます。日本人の考え方じゃないとよく言われます。そんな私が病気になった。何が良くなかったのか?見つめ直しながら投稿していきます。コメント、スター、嬉しいです。よろしくお願いします♪

朝の投稿 内田舞さんの意外な繋がりといい人生の生き方

おはようございます。やはり愛犬は寒いと布団に潜り込んできました。愛犬を迎えてから初めての冬なので、暑さ寒さがわかっておりません。自分で寒さ調節しているようです。その姿はとても可愛いです。

 

目次

内田舞さんは中田敦彦さんの同級生

まさかの展開です!だいぶ前に私がブログで取り上げたハーバード大学小児精神科医の内田舞さんはなんとオリラジ中田敦彦さんの高校の同級生です。しかもエピソードありの同級生。内田舞さんは最年少でアメリカの医師国家試験に合格し、現在ハーバード大学の准教授です。高校の時に中田あっちゃんが内田さんの家にお呼ばれした時に見た海外旅行の写真や、鏡ばりの地下室でのお母さんのフラメンコなど、面白いエピソードがあります。そこで中田あっちゃんは価値観が変わったそうです。ちなみに中田あっちゃんのお父さんは大の飛行機(高所)嫌いで観覧車にも乗らないらしい。だから海外旅行なんてすごいことだったらしい。こんな近くにメディアに出る人がいるなんて!(内田理央さんも同級生です) 内田舞さんのお母さんが高校生相手にフラメンコを披露するって、相当自己肯定感ないとできませんし、新たな息吹ですよね。こういう文化があるんだよ!!って言う。素晴らしいと思います。内田舞さんは、当時から中田あっちゃんは面白かったと推していたそうです。身近にメディアに出ている人がいるってすごいなと思う。ブログで繋がっている人ももしかしたら将来メディアに出るかもしれませんね。楽しみにしていますよ♪

 

林真理子さんのエッセイ

引き続き林真理子さんのエッセイを読んでいます。今回はコロナ禍の話ですけど、今となっては遠い昔のような気分ですね。食べては痩せたいと何回も書くのでとても面白いです。女性の心の叫び代表です。食べたいけど痩せたい。もうそれ運動するしかないよと肩を叩いてあげたい。あなたには運動量が足りていないのだよと。運動して、痩せてから洋服買いなよと言ってあげたい。私もヨガを来年から始めるから、一緒に頑張ろうよ。

 

占い

また本のレビューで書きますけど、林真理子さんは占いが好きだそうです。ゲッターズ飯田さんに見てもらったら、「努力の人」と言われたそうです。ずっと強運だと思ってきたら、努力だったようです。実は私、ゲッターズ飯田さんの占いの本を電子書籍で今年購入しています。今年はとてもいい年で、来年は良くないようです。今年、いい年だったのかな?転職と愛犬を迎えられたのいいことだけど、バッドニュースもあります。生きていることを考えたら、全ていい年なんだと思うのですけど。占いはそこそこにしておきます。統計よりも統計に入らない自分の人生を生きます。

 

自分の人生

中田あっちゃん、内田舞さん、林真理子さん、それぞれ素敵な人生送っています。メディアに出ていることは強烈な印象ですけどね。私の場合、統合失調症の人は100人に1人の割合で発症するので(人口の1割と言われている)、そんなに珍しい病気ではない。日本なら1000万人は患者です。その中で何人自殺しないで生き残っているか?そこが結局焦点なんじゃないかなと思う今日この頃。再発ももちろん怖いですけど、結局は自殺を思いとどまれるかですね。死ななければ、何にでもなれますから。精神を病んでいる人に言いたい。死ななければ何者にでもなれます。そのためにもしっかり食べて、寝て、運動しましょう。生きているといいことありますから。そう言う意味では占いは信じない。何が起こってもいい人生だから。失敗も成功もないんですよ。それも含めていい人生です。