猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。病気にならない方法がわかるのは経験者のみ。どうしたら健康的な生活が送れるか?投稿していきます。あと、海外や経済的自立のこと、恋愛のことなども投稿していきます。日本人の考え方じゃないとよく言われます。そんな私が病気になった。何が良くなかったのか?見つめ直しながら投稿していきます。コメント、スター、嬉しいです。よろしくお願いします♪

統合失調症と寛解 道のりを振り返る 何が結局いけなかったのか?

今日はiPadから書いています。

目次をつけてみたいと思います。

・突破口は何か?

・睡眠

・食欲

・お腹の調子、ヘルペス

・いつならひきかえせるか?

・人生で大事なもの

 

2022年6月に寛解を迎えました。いいことなのですが、まだまだ旅は続きます。そして、重要なのは、何が突破口になって、病気になったのかを自分で考えたいと思います。

私が思う突破口を挙げていきます。

 

考えすぎて、眠れなくなった。

夜に考え事をして、眠れなくなってしまったのが、原因の一つだと考えます。今思えば、夜に考え事をしなくても、悩まなくても、しっかり寝て、朝に確認すればいいだけのこと。それができなくなった。ドリエルを飲んだ段階で、睡眠外来へ行っていたら、統合失調症にはなっていなかったかもしれない。ドリエルとかに頼り出したら、皆さん要注意です。睡眠外来へ行きましょう。

 

食欲がなくなった。

考え事のせいで、食事が喉を通らなくなりました。体重は今より10キロ少なかったです。かなり痩せていました。食欲がなくなり、タンパク質を取らない生活で、脳内物質の分泌が悪かったのだと思います。運動もできないくらい細かったです。筋肉のない体と言いますか。この時点で、しっかり食べるという考えがあれば、精神を病むことはなかったと思う。めっちゃ食べて運動するって、大事だなと今ならわかる。プロテイン飲んで、筋トレして、ハツラツという状態が最高なんだと気づけなかった。細い方がいいと言う考えだった。

 

お腹の調子が悪い。そして、ヘルペス

軟便になったり、便秘になったり、便の調子が悪かった。今思うと、もうすでに、兆候があった。そして、ヘルペスができてしまいました。病気になる直前です。もう免疫がおかしかったと言うことですね。突破口というか、前兆に近いのですが、もしも、便の調子がよくなくて、ヘルペスなんかができようものなら、すぐに休みましょう。1週間くらい休んで、ヘルペス治しましょう。

 

この3つが大部分な気がします。

総合的にみて、病気になる前兆は全部揃ってる。睡眠、食事、体重の減少、お腹の調子が悪い、ヘルペス。これでは病気にならない方がおかしいくらいです。

 

どれか一つでも現れたら、すぐに休みましょう。考えすぎることはない。何も考えないで、休めばいいのです。あー、ヘルペスの時になんで気が付かなかったのかな。体が悲鳴を上げていたのに。引き返せるのは、ドリエルの時に、睡眠外来へ行って休むか、ヘルペスになった時に食事を整えて休むか、かな。引き返せるチャンスを逃してきました。

 

皆さんには逃してほしくない。眠れない、食欲がない、考え事をしてしまう、便の調子が良くないなどがありましたら、休みましょうね。なんとかなりますから。心配しなくてもやり直せますから。

 

休んだ後のことは心配しなくていいです。私たちのいわゆる一般の仕事は、代わりはいくらでもいます。スティージョブズの後でさえ、ティムクックが代わりを務めています。私たちに代わりはたくさんいます。代わりが無いのは人生そのものです。