猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。病気にならない方法がわかるのは経験者のみ。どうしたら健康的な生活が送れるか?投稿していきます。あと、海外や経済的自立のこと、恋愛のことなども投稿していきます。日本人の考え方じゃないとよく言われます。そんな私が病気になった。何が良くなかったのか?見つめ直しながら投稿していきます。コメント、スター、嬉しいです。よろしくお願いします♪

読書 『閉経のきほん』を読んで 男性にも関係する

更年期って50代くらいかなーとか思ってませんか?実は34-45歳をプレ更年期と呼んで、45-55歳くらいまでを更年期と呼ぶそうです。

 

そして、本には、34-45歳のプレ更年期を変えれば更年期も変わると書かれています。そのポイントは、体と健康の知識と症状があったらクリニックに行くことだそうです。

 

主な更年期の精神症状は、うつ、不安、物忘れ、不眠の4つ。原因は、女性ホルモンの分泌量がゆらぎ、視床下部がストレスを受け、自律神経のコントロールが乱れ、精神的に不安定になる。物忘れはエストロゲンの減少が原因のようです。

 

思春期は自立、更年期はまわりに頼るのがいいそうです。自分を褒めることはいいけど、自己暗示はダメだそうです。

 

この本でも呼吸法をお薦めされていました。4秒吐いて止めて、4秒吸うみたいな。

 

快眠方法も書かれていました。

朝昼晩と3つのセクションに分かれているのですが、決めた時間に起きる、日光を浴びる、朝食を食べるは絶対だなと思いました。結局、朝にちゃんと活動しないから睡眠が乱れるんです。朝に動きましょう。

 

更年期障害の症状がたくさん書かれていました。ホットフラッシュなどです。いろんな症状によって治療法は異なりますが、ホルモン療法、エクオール、漢方、低用量ピルなどで和らぐ様です。一番は、婦人科へ行くことだそうです。できれば基礎体温をつけて。

 

閉経前後に要注意の病気も書かれていました。

骨と血管が脆くなるようです。あとホルモン低下による病気。甲状腺や子宮、卵巣などの病気です。怖いなと思います。健診を受けたいです。

 

病気のハイリスクな人のところに、肥満が入っているのがあったので、体重を痩せ型か標準をキープしたいです。そのためにも筋トレとテニスを続けます。

 

私はもうすでに向精神薬を服用しているのと、エクオール含有のエクエルというサプリを飲んでいます。そしてジム通い、テニスもあります。今のところ、プレ更年期をうまく乗りこなしていると思います。

 

深く落ち込む人には向精神薬を処方されることもあるようです。どうしてもという人は病院に行ったほうがいいでしょうね。

 

最後の方に、パートナーとの触れ合い問題が書かれていました、男性は男性ホルモンがどんどん低下していき、勃起障害などが40-50代で出てくる人がいるようです、自信をなくしていく男性に、生理不順の女性、うまく付き合わないと、離婚や別離になるようです。ここでもやはり、人格が問われますね。自分勝手にならない。ちゃんと丁寧に自分の気持ちを伝える。老いを受け止める。そういうことが大事になってきます。

 

おススメの映画に『君に読む物語』『セックスアンドザシティ2』などが挙げられていました。切り口は違いますが、どちらも老いとの向き合い方を表現しています。

 

人生の最後を1人で迎えたく無いなら、人格者になって老いをちゃんと受け入れることが大事ですね。