猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。病気にならない方法がわかるのは経験者のみ。どうしたら健康的な生活が送れるか?投稿していきます。あと、海外や経済的自立のこと、恋愛のことなども投稿していきます。日本人の考え方じゃないとよく言われます。そんな私が病気になった。何が良くなかったのか?見つめ直しながら投稿していきます。コメント、スター、嬉しいです。よろしくお願いします♪

経済的自立 ビジネス書の軽い総括 結局のところ

経済的自立シリーズです。

今日はビジネス書の総括に近いことを投稿したいです。軽いまとめです。

 

何冊かお金に関わる本を読んできて、ビジネスにおいてここがポイントなんだなと思うことがあります。

 

・大きなビジョンよりも小さなステップ

・集客を突破せよ

・絶対必要な物、定期的に必要な物にはあまりお金を使わない傾向があるけれど、娯楽のためには人はお金を使う

・物質的なお金より人生そのものに価値を見出す方がこれからは生きやすい

 

この4つがポイントになってくると思います。

 

こういうビジョンで、こんなことしたいんです。だからこれだけの大金貸してください、と言うよりもできることから気軽に始める方がビジネスは失敗しにくい。人間の考え込む性質を考慮すると、小さく始めるのは意外と難しいのかもしれない。ほとんどの人が大きなことをしようとして、失敗している。考えすぎて先に進めない人が多い。気軽に始めるのがいい。

 

ビジネスに学歴が必要かと聞かれたら必要ないと言います。言い切れます。ただし条件があります。集客できるかどうかです。

ヤンキー社長が成功するのは、仲間をすぐに集めることができるからです。

ハーバード卒の人が成功するのは、ハーバードの人脈を活かせるからです。

最後に、学歴を持って成功する人のパターンは、集客に値するテックや商品があるからです。

集客ができれば、ビジネスになります。

 

人って、毎日消費するものや、絶対に必要な物に対してはそこまでお金を使わない傾向があります。いわゆる節約ですね。(高級志向の人も中にはいるが少ない)でも、娯楽に関してはお金をある程度使う。ミニマリストを公言していて、節約しているのに、コンビニやカフェでコーヒーを飲むのは普通にしたりとか。そう言うところに人ってお金使うんだーと思います。お金の使い方は人それぞれですが、ビジネスチャンスは転がっているのでしょうね。

 

最後に、お金そのものに価値を見出す競争社会を生き抜くよりも、どんな人生を送るか?何を経験するか?などに価値を置いた人生の方が生きやすい。今までは競争社会を勝ち抜くことがよしとされてきたけれど、これからは経験則が重要。

 

ビジネス書を読んで、どんな経験をするか?が結局のところマネタイズにも繋がるんだと、思いました。

 

ジブリの「耳をすませば」の中で、主人公に父親が、人と違った生き方をするにはそれなりの覚悟がいる。誰も責任取ってくれないよみたいなこと言うのですが、結局、どんな人生でも誰も責任取ってくれません。自分次第。責任は自分。誰のせいでもない。

 

だから、集客できる小さなステップを見つけたら、ビジネスに挑戦してみるのもいい。その人生は楽しいはず。なぜなら経験ができるから。新しい経験はボケにも効くそうです。老若男女、新しいことにチャレンジしましょう。