猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。病気にならない方法がわかるのは経験者のみ。どうしたら健康的な生活が送れるか?投稿していきます。あと、海外や経済的自立のこと、恋愛のことなども投稿していきます。日本人の考え方じゃないとよく言われます。そんな私が病気になった。何が良くなかったのか?見つめ直しながら投稿していきます。コメント、スター、嬉しいです。よろしくお願いします♪

朝の投稿 アメリカの事情と意味のある人生

おはようございます。昨日は少し早めに就寝して、4:50くらいに目が覚めて、ベッドに寝転がりながらスマホでブログ書いてます。スマホはお休みモードのままです。7時間は寝ています。

 

現在、アメリカでは単純作業の仕事が人気なく、人手が足りなくなっています。そのため給料が上がっています。

 

気づいたのでしょうね。やりたくない仕事をしているのは、人生にとって良くないことであると。コロナの影響は大きいと思います。

 

昔、こんな記事を読んだことがあります。「やりたくない仕事をしているのは緩慢な自殺である」。緩慢な自殺というフレーズが印象に残っています。自分の首を絞めていることに気づかないまま生きているということです。

 

病気になってから、その意味に気づいても遅いのですが、意味がとてもよくわかります。

 

皆んながやりたくない仕事は特に、監視対象になりやすい。そのため、ちゃんとやっているかのお達しがきます。楽しくないですよね。

裁量を与えられていない仕事、とでも言いましょうか?それがメンタルを蝕む。

 

私は何をするにしても、そこに意味がなければ緩慢な自殺につながると思います。

 

今日始まった1日を意味のあるものにできるのは自分です。

 

会社に勤めていたら1日8時間を過ごすわけですから、人生の3分の1を費やしています。その時間を意味のあるものにしましょう。