猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。いろんな情報を投稿しているので楽しんでいってください♪

何もしない幸せ 過去を変える力

私は月曜日の仕事の後に、ダラダラするのが好きです。週の始まりを、元気よく過ごすより、だらけたいのです。

 

頑張るのも大事ですよ。

 

それよりも、だらけた時間を持てる喜びも感じたいと最近思います。

 

目的のない貯金をするように、目的のないだらけた時間を使う。そんな幸せがあってもいいと思う。瞑想の延長というか、だらっとしたいな~って。

 

無意味にだらけるって幸せですよね。『夜と霧』を読んでから、時間って大切だなって思うのです。自由な時間って大事です。何が起こるかわかりませんし。

 

ちなみに、『夜と霧』の著者は、ロゴセラピーというセラピーの第一人者です。人生にどのような目的を持って生きるのか?みたいな考えのセラピーです。調べましたが、そんなに注目されたセラピーではなさそうなので、踏み入れるのはやめました。

 

何が起こるかわからないのは、もう自分の人生で経験済みです。統合失調症になり、病院へ搬送されましたから。その経験から、一寸先は闇と思います。いやー、あの時、もう一休みしてたら、どうなってたかな?とか思いますよ。でも、起こってしまったからには、先に進まないと。

 

何回か話している、過去は未来が作ると言うこと。未来によって、過去が変わる。未来に私がどうするかによって、過去の意味が変わってくる。だから、だらけて、一休みして、自分の体と心を休めてあげて、万全な体調にするのは大事。そうすると、未来がよくなる。いい未来が私の過去を変える。病気になったことも、未来に万全な体調をもってすれば、タダのきっかけに過ぎない。

 

だから、ダラダラしたっていい。いい未来がその意味を変えるから。ダラダラの意味が変わるから。

 

慌てない、慌てない、一休み、一休み。