猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。いろんな情報を投稿しているので楽しんでいってください♪

読書 『道は開ける』小出しバージョン そう来たか!最終回です

はい、今日は『道は開ける』小出しバージョンです。TIPSがたくさんあるので小出しにしていっています。今回が最後です。

 

もう私の悩みや考え事なんて、昔の人が解決済みなんだと思い知らされる一冊ですね。

 

早速TIPSにいきたいと思います。

 

物事や他人に対する考え方を変えると、自分に対する物事や他人の態度が変わってくる。その中に「今日だけは」というプログラムがあるそうです。今日だけは、幸福でいて、あるがままに受け入れて自分をそれに合わせよう。そして、今日だけは、体に気をつけて、精神を鍛えて、誰かに親切をして気づかれないようにしよう。そして、今日だけは、2つは自分のしたくないことをしよう。今日だけは、愛想よくしよう。今日だけは、今日一日だけを生き抜こう。今日だけは、1日の計画を立てて、1人で静かにくつろぐ時間を30分持とう。今日だけは、恐れないようにしよう。と、今日だけに特化した10個のTIPSが書かれています。なかなかできないことなので、(みんな将来を考えてしまうので)とても勉強になりました。

 

次は、仕返しをしてはならないと言うことでした。相手を傷つけることは、自分を傷つけることになるから。そして、嫌いな人のことを考えるのは、1分でも無駄な時間だと言っています。時間を無駄にしないこと。確かにそうですよね。無駄な時間で人生終わらしたくない。あと、個人的に思うのは、人って他人のこと覚えていませんからね。よく言う、足踏まれた方は覚えてるみたいなこと言いますけど、踏んだ方は忘れてる。そんなもんだと思います。仕返ししたら、また足踏まれますよ。

 

恩知らずについて、憤慨するなと言っています。予期しておこうと言っています。そして、幸福を見つけるには感謝を期待するのではなく、喜びを与えることにあるそうです。同時に子供に教えないと感謝する人に育たないそうです。ありがとうを、いつでも言える人になりたいですね。

 

厄介ごとを数えないで、恵まれていることを数えてみよう。本の中では、目が片目しか見えなかった人が、片目はまだ見えていると捉えて、その後、医学が発展し目が見えるようになった話が書かれていました。片目が見えないと嘆くよりも、見えるんだといい所に目を向けることが大事だそうです。恵まれていることに目を向けない人、たまにいますよね。日本人の謙虚が発動しているのかな?そんなものはいりません。

 

他人の真似をするなと言っています。自分を発見していこう。本の中では、嫉妬や模倣は自殺行為だと書かれています。誰のものでもない、自分の人生を生きようではありませんか!

 

幸せを見出すことが大事だそうです。本の中では、人生の半分を仕事に費やしていて、その仕事がいいか悪いか、上司がどうのこうのではなく、幸せを見いだせないなら、何している時でも幸せを見出すことはできないと書かれています。幸せを見出すことって自分ですることなんですね。

 

最後に、不眠について悩まないように、5つTIPSが書かれていますが、その中に、不眠で悩んでも眠たくなったら寝ます読みたいなことがあって、確かにと思いました。悩むこと自体が不眠に良くないので、悩まないようにしましょうとのこと。

 

全部が全部いいTIPSだとはいえませんが、なかなかの名著でした。ためになる1冊ですね。kindleなら何回も読み返せますし、しおりを付けられるので、お勧めです。ちなみにですが、TIPSが多いので、しおりを何回も往復して読み返しています。尚、今回は「自分らしく模倣ではない人生を送ろう」というのが、ピンときました。私らしい人生を送ります。