猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。いろんな情報を投稿しているので楽しんでいってください♪

統合失調症と脳内物質 コントロールがすべての幸せの元

ジムに行かなくなって3週間ほど経ちました。運動してない自覚があるので、外に出ようと思います。散歩ですね。

 

ジムは3月分を休会予定です。そのため、家でスクワット、腹筋をしようと思います。

 

運動不足でも、体調がいいのは、睡眠が取れていること、食事がとれていることが効いているのだと思います。(運動した日は睡眠はぐっすりです)

 

今まで何回かブログで投稿していますが、便秘予防のヨーグルトとイヌリンが効いているので、セロトニンの分泌が安定しているのではと思っています。セロトニンは腸で90%分泌されるので、便秘しているとメンタルに影響します。食生活がうまくいっていない人は、パウダーのイヌリンと毎日のヨーグルトで快便目指してみてください。

 

私が脳内物質に気づいたのは3年前。統合失調症になってだいぶ経ってから気づきました。分泌をコントロールすることが、バランスを取る方法。

 

脳内物質のコントロールがうまくいけば、再発することはない。

 

セロトニン関係で言うと、早朝の日光を浴びることが、セロトニン分泌のスイッチをオンにするそうです。

 

ドーパミンの異常分泌で、興奮状態になるので、カフェインの取りすぎに気を付けています。コーヒーは1日3杯までにしています。チョコレート、ココアは気にせず食べています。(コーヒーは3時以降は飲んでいません)

 

セロトニンドーパミンと来て、最後にエンドルフィンです。犬猫に触れ合ったり、人との触れ合い、ジョギングでのランナーズハイで分泌するそうです。幸せホルモンの1つなので、人との触れ合いを取るようにしています。

 

どれも義務ではないし、自然とできることなので(便秘解消、日光を浴びる、コーヒーを飲み過ぎない、触れ合い)慣れました。

 

病気の人も、そうでない人も、脳内物質は分泌されています。なので、分泌に気を付けて生活すると、人生が好転すると思います。

 

脳内物質で幸せを感じるって、切ないな。脳内物質にコントロールされているんだな所詮生き物は。ただ、それをコントロールさえすれば、幸せを実感できるなら、やろうかなと思います。

 

そうそう、最後に、脳内物質の根本はたんぱく質なので、タンパク質をちゃんととりましょうね。取りすぎは良くないですが、取らなさすぎは精神疾患の元凶です。