猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

幸せに承認は要らない

忘年会がキャンセルになりました。この時期のキャンセルは、仕方のないことだと思います。忘年会と言っても、私と友人の2人だけのことですが。キャンセルの理由は、友人の子供の発熱です。コロナ禍なので、検査してほしい所ですが、今は病院では積極的に検査をしないそうです。ただ、私としては簡易検査でもいいのでしてほしかったのですが、そういう配慮もなさそうなので、私からキャンセルを申し出ました。

 

年末年始はコロナと相性悪いですね。皆さんどうしてますか?飲みに出かけてますか?悩むところですね。

 

私は伊勢神宮参拝をひっそりと計画していましたが、オミクロン株が心配なので、止めることにしました。年内なら、大丈夫かなと思いましたが、インフルエンザワクチンは打っていないので、用心しました。初詣も時期をずらして行こうと思います。

 

ブログを日記みたいに書いていて、時々思うことがあります。

 

みんな不安と戦っていて、幸せを感じる余裕がないのではないか?(精神疾患を抱えていない人も含めて)

 

幸せというか、満足感というか、感じれている人って少ないのかなって。

 

だから、納得感を求めてさまよっているのかと。

 

私は基本的に、幸せだったら、それだけで、そのままで何もなくていいんじゃないか?と思うのです。誰かに認められたいとか、承認欲求なくていいんじゃないか?昨日のブログの「すごいですね。」フレーズと矛盾するのですが、すごいですねの言葉なんてなくっても、別に幸せならいいじゃん!

 

誰かと比べたりしていたら、いつもで経っても幸せを感じることはできない。そこに気づいていないと、永遠に幸せはやってこない。かといって、私は幸せですよと公言して、すごいですねというフレーズを待っている状態は本当の幸せではない。むなしいだけです。

 

統合失調症になる前は、幸せを感じることがどういうことかわかっていなかったように思います。誰かに認められたいとか考えていたような気がします。そんなものは要らない。

 

さて、何か甘いものが食べたくなってきました。ジムへ行ってから甘いもの調達して、おやつにしたいと思います。それも幸せ。