猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

雀士に学ぶ、感情との付き合い方

寒くなりまりましたね。ここ何日か、寒すぎて、食後に勉強せず、ベッドで毛布にくるまってました。そして、そのまま就寝。頑張ろうは、どこへ行った!!

 

頑張ろうは、ベッドの上でドリルをやったこと。単語アプリ「mikan」をやったこと。やらなかったよりましかな。

 

机では勉強しませんでした。あ~あ。 

有言実行て難しいですね。

 

ただ、引きずってはいけません!!気持ちをきりかえないと!!

 

とある記事で、「鋼のメンタル」と呼ばれている雀士が、落ち込んだまま気持ちをきりかえないのはよくないと。その理由が、麻雀は運と判断力を使うゲームです。確率が関わってきます。運がいいと思っても、運が悪いと思っても、確率に負けてしまいます。つまり、どう感じても結果は確率(運)で決まるということです。だったら、感じるのをやめればいい。

 

雀士の人たち、無表情だと思いませんか?わざとそうしているのかもしれませんけど、感情を引きずらないのは、次の場面への転換にいい影響を与えると思います。それは感情の変化で、次の一手に影響を受けることが多いからです。そっちの方が、日常生活では多いと思います。スポーツ選手とか感情の変化を影響受けますよね。

 

感情を引きずらない。とても重要だと思います。

 

感情を引きずらず、次どうするか!!それが結局いい未来につながりますね。切り替えが大事、次の一手をどうするか?

 

もうね、寒かったらエアコン付けて、ベッドに転がり込むのは止めようと思います。気持ちいいんですけどね。あ~でもたまにはゴロゴロしたいです。