猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

統合失調症とワクチン接種 2回目接種して

実は、昨日ワクチン接種2回目を打ってきました。いろいろ副反応について噂がありますが本当かどうか確かめたいのと実際についてシェアしたいと思います。ちなみに、昨日「元気だったら話す」と言っていたのはワクチン接種2回目のことです。

 

結論から申し上げますと、ワクチン接種2回目の後、発熱等があるのは24時間後がピークでした。私の平熱は低く35.8くらいしかないので、1度上がるとしんどいです。

 

噂で24時間後がピークと聞いていたので、まさにピッタリ来ました。発熱を感じ頭痛、倦怠感が凄くありめちゃくちゃしんどかったので熱を計ると37度を超えていました。もっと熱があるんじゃないかと思いましたがこれから上がるんだろうと予測して、薬を飲みました。

 

2時間くらいソファで横になりだいぶましになってきたので、今は、ブログを書いています。薬って万能ですね。薬はバファリンプレミアムです。

 

私のワクチンに対する考え方はこうです。ワクチンを打つと副作用等ありますが、重症化は防げる。ということは、医療を圧迫しないと言うことです。政府がワクチン打ってくださいと言っているのは、医療圧迫を防ぐためだと思っています。打たない人ももちろんいると思います。しかし、今後、治療薬が簡単に手に入るまでの間、そういった人たちは肩身の狭い思いをすることでしょう。医療を圧迫する原因の1つになるからです。そこまで考えが及ばない人もいると思いますけど、ワクチンを打たないと言うことは今の所、そういうことですね。治療薬が簡単には手に入らないのですから。つまり、命の線引きがされると言うことです。

 

そういいながら、ワクチン接種を決めるまでかなり勇気がいりました。死んでしまったらどうしようとかいろいろ考えました。でも、ワクチンを打たなかったらいずれコロナにかかり死んでしまう可能性の方が高いと言うことでワクチンを打つ決意をしました。

 

もしかしたら、治療薬が簡単に手に入るようになり、コロナが一般的な風邪のような扱いになったら、ワクチンは必要ないかもしれません。高齢者にはそれでも必要だと思います。それまではワクチンは打った方がいいと思います。個人の自由なので強制はできませんが、アメリカでは、会社が従業員に対して強制したり、保険料上げたりしていますね。欧州でもワクチンパスポートが導入されましたね。医療から見ると、ワクチンを打たない人が自由に動き回られるのは嫌でしょうね。

 

今年度中にメルクが経口治療薬を発表するのではないかとニュースで見ました。ゲームチェンジャーになると思います。早くコロナが治まってくれることを祈ります。

 

私は薬が切れても熱が上がらなかったら、英語の勉強をして一日のんびりします。