猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

統合失調症と服薬 絶望のその先

昨日は夜に泣いていました。家族に話を聞いてもらいましたが、やはり気持ちは伝わらず、「薬でコントロールできたらいいじゃない。薬飲んでもベッドから起きられない人もいるよ。」と言われてしまいました。そういうことじゃない。私の気持ちは伝わらないのだなと、改めて思いました。

 

私の気持ちはわからないと伝えたら、「わかるよ。と同調しても絶望まっしぐらになるし、薬止めてみる?なんて無責任なこと言えない。」と言われました。私は完璧な治療薬が出ていないことに悲観しているのだなと思います。これを飲めば治りますという薬がない。そこに希望がないと思っているのです。

 

「薬を飲んでも好きなことで来たらいいじゃない?」と言うのが、家族の意見です。薬を飲まずに完治して生活するのが私の希望です。

 

ここで、朝を迎えます。途中で眠たくなり、寝ました。寝すぎで頭が痛いです。寝て起きて気づいたことがあります。完治する薬を私は作ることができません。科学者ではないので。待つしかないのです。自分ではどうにもすることができません。

 

自分では変えられないことと、変えることができることを分けようと思いました。減薬は医者の裁量ですね。でも、私が健康で居続けたら、減薬がスタートするかもしれません。待つことにします。

 

完治する薬は待つしかありません。私はどうにもすることができません。これも、待つことにします。

 

変えられることは何だろうと考えた時に、毎食の食事を考えたり、運動したり、出かけたり、健康を維持することですかね。

 

頭痛するほど寝てしまったので、健康から遠のいているのですが、シャキッとしたいと思います。昨日の絶望からはだいぶましになったと思います。

 

スティーブ・ジョブズの名言でこういうのがあります。「成功と失敗の違いは、途中で諦めるかだ。」「Stay hungry, stay foolish.」諦めることなく、薬ができるのを待ちます。私が生きている間にできたらいいなと思います。ハングリーであれ、愚かであれと言いうように、貪欲に薬を待って、希望を持ち続けることが愚かであっても、そうします。

 

今日は頭が痛いし、目も腫れているので、外出はしたくないです。少し希望が見えてきた気がします。