猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。いろんな情報を投稿しているので楽しんでいってください♪

指導者を選ぶのは、あなた!! 

今週からは、週末だけ16時間断食を再開しました。朝に成城石井ロカボナッツ素焼きナッツを1袋(30g204キロカロリー)とカフェインレスコーヒーを飲みました。ナッツは食べてもいいらしいです。

 

その後、テニスがあったので、空腹に耐えられるのか心配でしたが、全然大丈夫でした。朝8時半にナッツを食べて、12時までお昼ごはんにパスタを食べるまで空腹にはなりませんでした。意外といけます!これで、ダイエットをもっと進めたいです。

 

さて、このテニスですが、問題があります。コーチが楽しくないのです。先週、用事があって土曜日から日曜日のレッスンに振り替えて発覚しました。私のレッスンのコーチはつまらない。つまらないというか、固いんですね。面白さがなく、正論しか言わない。冗談とかも面白くなく部活みたいなんです。(参加している人数も少ないです)

 

部活でいいじゃないと思う人もいますが、部活って厳しいですよね。厳しいのが嫌なんですよ!なので、今朝、レッスン前に受付に「クラス変えれますか?」と聞いたところ、「7月期からのレッスン(3か月更新)のレッスンの受付していますよ。でも、クラスのランクを上げるには、コーチの許可がいります。」と言われました。

 

私は波風を立てたくないので、クラスを変えたいのを、先生を変えたいとは言いませんでした。先生が本当は嫌なんですけどね。なので、空いているクラス(コーチチェック済)を確認しておいて、今日のレッスンの最後にコーチに聞くだけ「レベル上げれますか?」と質問しておいて、先生を変えてしまおうとしていました。

 

レッスンが始まったら、なんとコーチの方から「レベルを上げるにはラリーを10回できたら」とハードルを提示してきました。たぶん、受付から話を聞いたのだと思います。私はフォアハンドなら10回はできるのですが、バックハンドを混ぜるとできません。そこをつかれて、「あと1ヶ月半くらい初心者クラスにいてバックハンドを練習して。レベルアップはまだ無理です。」と途中に言われました。この言い方も私は嫌いなんですけどね!!

 

でもラッキーです。受付で変われるクラスを確認しておいたので、初心者クラスの別のコーチのクラスに変更してきました。やったー!7月18日からは違うコーチです。いやー、コーチって大事ですよ。

 

ここで日曜日に振り替えたレッスンのコーチがでてきます。なんと、振り替えたコーチはめちゃよくしゃべる上に、声掛けが上手!!私のフォームを見て「ボールをこの位置で打ってください。そこから動かないでください。」とか細かく指示してきたんです。で、その通りにしたら、打てたんですよ!!一発で!!これはコーチによって変わる!と実感しました。なので、今日、ラリー10回続いた功績はこの振り替えたコーチの功績です。変えたいコーチの功績ではないです。

 

私は気づきました。なんでもそうかもしれませんが、指導者の影響は大きい。いい指導者にあたるかどうかで、物事変わってきます。統合失調症の病気もそうです。指導する医者の存在は大きい。この医者がポンコツだと、治療が進みません。恋愛だってそうです。相談する相手がポンコツだとうまくいきません。的外れな回答ばかり出てくるからです。的外れな回答は、こちらを混乱させるだけです。なので、指導者を選ぶのは本当に重要です。自分の道を生きるのは、本当に大切だなと思います。自分で自分の生きる道を切り開くには、レールはないので、テニスのようにできる人から学ぶのは難しいですが、何か学ぶときにできている人がいるなら、自分で選んだらいいと思います。

 

テニスの指導者を変えるところから、人生の指導者問題も勃発しましたが、どの先人を選ぶのかは、自分自身。つまり、私はまだ人生のメンターに出会えていない。これからまだまだ人生長いので、探そうと思います。