猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

統合失調症とダイエット イヌリン投入!

口唇ヘルペスがすぐよくなったのですが、ビタミン剤だけは飲み続けています。なので、週末の16時間断食はできませんが、イヌリン(水溶性食物繊維)投入は再開しようと思います。

 

イヌリン(水溶性食物繊維)は、不溶性食物繊維と違って、便が固くなりません。便を柔らかくし、乳酸菌などのえさになります。なので、取りすぎなければ、排便にいい影響を与えます。

 

夕食後にカフェインレスコーヒーに6g混ぜて飲んでいます。一緒に、食後のデザートとして、ヨーグルトも食べています。

 

これで、少し便秘気味だった排便がよくなることを祈ります。ゆるい糖質コントロールをしていると、どうしても排便が2日に1回とかになってしまいます。それをなんとかしたいです。

 

排便がしっかりあった日は、体重も減ります。わかりやすいです。出せば、減る。

 

あと、排便には運動も影響していると思います。運動不足だと、排便が遠のきます。

 

今日は1時間半歩いたので(8000歩)、明日の排便が楽しみです。

 

イヌリンがどのように作用するか、楽しみです。

 

イヌリンとは別に、今日、興味深い記事を読みました。それは、長生きするには、サーカディアンリズム(24時間のリズム)に合わせた食事法がいいという記事です。元ネタは日経新聞のWEBだった気がします。

 

16時間断食とは真逆といいますか、24時間の活動に合わせて食事を取るといいという内容でした。例えば、人間は日中活動するので、朝ご飯をいっぱい食べて、昼、から徐々に減らしていき、夜はつまみ程度といった感じです。16時間断食は若返り遺伝子がスイッチオンになりますが、長寿を目指すなら、朝ご飯はしっかり食べて、夜少なくする方がいいそうです。これも信じていいものかわかりません。ただ、100歳を超える人たちは3食ちゃんと食べている人が多いそうなので、食べた方がいいのかなとは思います。

 

口唇ヘルペスという時限爆弾を抱えているので、出てこないようにするには、免疫力を高めておかなければいけません。そうなると、あまり無茶はできません。統合失調症で、タダでさえ無茶できないのに、追加で無茶できない。できる範囲内で、いろいろ試したいと思います。