猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

統合失調症と10年を振り返る 生きてることに感謝して

東日本大震災から10年経ちましたね。早いものです。今でもあの時のことを思い出します。亡くなられた方々にご冥福をお祈りいたします。今日は、私も10年間を振り返ってみようと思います。

 

10年前、私はまだ統合失調症ではありませんでした。日本に帰国して、これから頑張ろうとしていた頃でした。

 

7年前、働いていた先でいじめにあいながら、早く辞めればいいものの、辞めずに働いた結果、統合失調症と診断されました。症状は、妄想です。会社を辞めて、しばらくして旅に出かけたのですが、その旅先で発症しました。旅に出る前から、誰かにつけられていると思っていました。今思うと、私の妄想です。こうも言えます。妄想でなかったとしても、何も私に悪いところがないのだから、気にする必要はない。なのに気になってしまっていたのが、発症の原因です。旅先で2週間、入院しました。

 

5年前(統合失調症発症から1年半後)、私は寛解へと移行しました。薬を飲まなくてもいいようになりました。とても喜びました。いろんなことが自由になると思っていました。

 

4年前(寛解から1年後)、仕事で海外に行った後、ストレスが原因で1週間入院しました。入院先で、自殺願望が芽生えました。薬を服用するようになりました。とても残念に思いました。恋愛もうまくいっていませんでした。この頃、まだ食事、運動、睡眠などの重要性に気づいていませんでした。海外の時差に耐えられなかったのだと思います。睡眠薬とかで対処すればよかったのに、しなかった。

 

2年前(再発から、2年後)、薬が漢方に変わりました。私が漢方治療に変更したのです。しばらくして、薬を飲まなくてもいいようになりました。うまくいっていましたが、この時まだ、食事、運動、睡眠の重要性に気づいていません。なので、とてもグラグラな状態でした。

 

1年前(再発から、3年後)、睡眠不足、食事をとらないなどで気分が悪くなり、薬の服用が再開しました。今は、食事、運動、睡眠をとても大切に考え、マインドフルネス、スキーマ療法など心理学的要素も取り入れ、寛解を目指しています。

 

現在、1度目の寛解から数えて2度再発しているので、とても慎重になっていますが、これまでとは違い、生活の重要性を認識しているので、もう睡眠不足、食事の偏り、運動不足ということは、私の人生にはありません。薬はリスペリドン2mlを昼と寝る前に1本ずつ服用しています。

 

これからは、長く寛解状態を保てるようにしたいと思います。自殺願望もありましたが、今は、生きてることに感謝して毎日過ごしています。

 

今、検討していることは、

・スマートウォッチFitbit Sense で睡眠、運動、ストレスの計測→効果をどう活かすかが課題なので、手を出していない

・主治医を心理カウンセリングOKの人に替えるかどうか→今の主治医が心理カウンセリングを受け入れていません。なので、自分で調べています。最近、それでいいのか?と疑問に思っています。

 

人生は決断の連続。判断を間違えてはいけない。でも間違えるときもある。そんな時に、どうリカバリーするかで人生が変わる。私はそう思っています。