猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

統合失調症と恋愛 いつ話すのがベストなのか?質問編

今日は、恋愛について、しかも精神疾患を持つ状態での話をしたいと思います。

 

私はちょくちょく恋愛の話を投稿しています。そんなに的外れなことは書いていないと思っています。しかし、自分の恋愛となると、皆さんに質問したいことが出てきます。

 

それが、「いつ統合失調症のことを相手に話すのがベストなのか?」と言うことです。

 

私は普通にデートしますが、結婚適齢期(25~35歳)を過ぎていることもあり、結婚を望んでいません。結婚はできたら、できたでスタートだし、できなかったら、できなかったで、人生を楽しめばいいと思っています。結婚=ゴールではないという考えです。結婚を焦っている人(自分も焦っていた時代があります)は、結婚=ゴールと思っている人が多いのではないかな?と思います。結婚=新たな2人での生活がスタートなので、困難も幸せもどちらもあると考えた方がいいと思います。私が思うに、結婚へのあこがれが強いと焦ると思います。きっと、最近の結婚しない人が増えている原因は、この現実を受け止めている人が増えたということだと思います。

 

さて、結婚の話はこの辺にしておいて、デートの話に戻ります。デートを何回かしていると、ふと思うのです。精神疾患を持つ皆さんは、いつ自分の病気のことを話しているのだろうか?早めにしているのかな?と。

 

精神疾患を持つ方で、結婚を望んでいるなら、早めに伝えた方がいいと思います。なぜなら、精神疾患が理由で長続きしない相手なら、早めに切り上げて、次を探した方が時間を有効に使えるからです。精神疾患だけでなく、なんらかの病気をもっていて結婚を望んでいるなら、皆さん、そうする方がいいと思います。

 

ただ、私の場合は結婚を望んでいません。そこが、考えてしまうところなんです。

 

以前、結婚を前提に付き合ってほしいと言われた時は、その時に伝えました。すると、精神疾患があってもいいと言われました。しかし、その人はタバコを吸う人であり、禁煙してくれて、私の前で吸わなければいいよと条件を付けました。次のデートの時に、禁煙しているのかなと思ったら、会って3時間後にタバコが吸いたいと喫煙所に行ったため、そのデートを最後にお会いしていません。私が厳しいかもしれませんが、譲れないことはあります。精神疾患あっても、いいと言ってくれる人がいるということは、いい経験になりました。

 

私は今、寛解を目指しています。(「目指す」と家族に言うと、目指している段階では寛解にはならないと否定されます。目指さないで、自然とそうなればいいなと思っています。)なので、デートの回数に限らず、寛解になった後で、こういうことがありましたと事後報告でイイかなと思っています。でも、それは不誠実なことなのかな?と考えてしまいます。自分のことなので、いつがベストなのか?考えてしまいます。どう思いますか?皆さんのご意見、コメント欄で聞かせてもらえませんか?

 

コメント、いろんな意見が聞きたいので、どしどしお待ちしております。