猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

誰といるか?が重要

今朝はstand.fmでラジオライブに参加してました。その時に少し、人生観についてラジオで話されていたので、私も今日は人生観について投稿しようかなと思います。

 

因みに、口唇ヘルペスのかさぶたはさらに小さくなって、とても嬉しいです!!

 

私は、海外に長く住んでいた経験と翻訳・通訳もやっていました。その通訳の経験から、私は「人生はどこへ行くか?が重要ではなく、誰といるか?が重要だ」と思っています。

 

日本に帰国するまでは、一人旅もガンガンしていましたし、友人とも旅行していました。たぶん、いわゆる海外旅行は多い方だと思います(海外に在住している所からの海外旅行が多かったです)。

 

一人旅のいい所は、常に新しいこととの遭遇ですね。自分のスキルを発掘できたりします。友人と一緒の旅行のいい所は、楽しさを共感できる所ですね。

 

こんなことがありました。通訳の仕事で、相手と海外へ行くことがあったんです。行く場所は、楽しい所なんです。でも、一緒にいる人が楽しくなかったんです。わがまま言うし、なんでこの人と一緒にこの場所にいるのだろうか?という原点に立ち返る疑問がわいたんです(いや、仕事だよ)。現地でフリーの時間があった時に気づいたんです。フリーの時間に美術館とか巡ったんですけどね、なんで一人なんだろう?なんで楽しくないんだろう(仕事だからね)?ってずっと思ったんです。その時に「ああ、仕事だったとしても、どこへ行くかは重要じゃない。誰と一緒にいるかが重要なんだ。人生もそうだ!」と思ったんです。

 

でもね、「誰と一緒にいるか?」って相手あってのことなんですよ。だから、自分の力だけではなんともならないことがあります。だからこそ、そばにいる人って本当に重要なんだなって思います。感謝です。

 

人は一人では生きられない。そう、限界があるんです。だから、誰と一緒にいるかって本当に重要。自分がハッピーを感じられる人と一緒にいることが、人生で重要と思うようになりました。

 

私は一人じゃない。みんなに支えられて人生を歩んでる。だからこそ、一緒にいる人にハッピーでいてほしいし、自分もハッピーでいたい。どこへ向かうかはそれほど重要じゃない。誰と歩むかが重要。そんな人生観を持っています。