猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

「いい人がいない」の正体と対策

「いい人がいない~。」っていいますよね?なんでか知りませんけど、いいますよね?

 

「いい人がいない」の正体はずばり、「自分の人脈の中にベスト(1番)がいない」と言うことです。

 

「いい人がいない」と思っている人、言っている人の共通点は、自分の人脈をリフレッシュさせることをしていない人が多いんです。

 

いい人が現れる順番はこうです。

1.新しい人に会う

2.第一印象を気に入る

3.デートに誘う・誘われる

4.デートが続く

5.自分の人脈の中でベストに入る

6.いい人に昇格する

問題は、昇格した後です。

 

昇格した状態をキープし続けられたらいいですけど、そうじゃないんですよね。すぐに脱落してしまい、いい人がいなくなる現象が起こります。そして、もれなくそういう人に足りないのが人脈のリフレッシュです。新しい人に会い続けることをしないんですよ。新しい出会いがあれば、常にベストが存在します。

 

「いや、でもベストが現れたら他の人と会うのは止めた方がいいんじゃない?」そんな声も聞こえますが、そんなことはありません。その人が、ベストに昇格しても、本当に付き合っていい人かどうかわかるまでは、他の人と会い続けた方がいいです。理由は、いつ、ベストが2番3番に落ちるのかもわからないからです。「あーやっぱりこの人ダメだわ。」そう思った時、他の人が2番からベストに昇格します。そしたら、そちらに移ればいい。あくまでも、付き合う前の話ですからね!

 

そして、人脈をリフレッシュし続けていたら、気持ちが分散するので、冷静になれます。冷静さはとても大切です。冷静になれば、いいところも悪いところも見えてきます。例えば、何人もの人と会っていたら、そのうちデータがそろってくるんです。私の場合は、お酒をたくさん飲む人は合いません。自制が効かない人という印象があり、うまくいった試しがありません。そういった「やめておいた方がいいデータ」もそろいます。私のお酒飲みデータは、恋愛だけでなく普通に合いません。話がかみ合わなくなるんです。

 

「いい人がいない~。」の対策としては、付き合ってもいいと思える人が現れるまで人脈をリフレッシュさせ続けることですね。そして、どんどんランキングを入れ替えて、本当のベストを見つけることだと思います。

 

時間もお金もかかりますが、人生は「どこへいくか?何をするか?」も大切ですが「誰といるか?誰と何を一緒にするか?」も大切です。自分のパートナーを探す時間・お金をある程度割いて、損はないと思います。そこを割けないなら、一生1人も覚悟した方がいいと思います。むやみやたらに、いい人を探すのではなく、目的をきっちりもって、冷静に判断していけば、人脈の中からベストを見つけ出すことができます。