猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

統合失調症とエビデンス アダムスキー式腸活法を試してみます! 

私が統合失調症克服の為にいろいろ試すことについて、絶対に守っていることがあります。

 

それは、

 

エビデンスのないものに手を出さないこと!!

 

エビデンス・データ蓄積のないものに対しては、手を出さないようにしています。それは、確実じゃないからです。

 

例えば、私はダイエットのために糖質制限をしていました。体重は落ちましたが、生理に影響がでて不安になるようになり、止めました。止めてよかったと思っています。糖質制限はダイエット・太らないためにには効果はありますが、メンタルには懐疑的です。それは、ちょっと考えたら答えは明白です。糖質制限している人の中に何人、メンタルがよくなったと言える人がいるのですか?試してみて、全員が効果あったのですか?その反対に、糖質を制限しない人が全員、メンタルに不調をきたしているのですか?そんなわけないですよね?つまり、エビデンスがないんです。

 

もしも、はっきりとしたエビデンスがあるのであれば、医師会・政府が「糖質はメンタルによくないから、摂取を控えましょう」と指針を出します。出すところまでのエビデンスがないと言うことです。むしろバランスよく食べてと指針を出しています。

 

糖質制限に関しては、精神科医の樺沢紫苑先生も懐疑的と発言されていました。理由は、メンタルの不調に関わるセロトニンの分泌に、影響するからです。樺沢紫苑先生のYOUTUBEを観てください。

 

新しいものには興味がありますよ。でも、エビデンスがないものに、時間を費やしていたら、時間だけが経って、おばあちゃんになってしまう可能性大です。

 

いろいろ健康法やダイエット法を検索してみて、エビデンスがないものは、数年ですたれていく、もしくは情報が塗り替えられることがわかりました。※糖質制限は、している人は、していない人より5年寿命が短いそうです。糖質を食べすぎている人も寿命が短いので、食べすぎず、食べなさすぎずがいいのだと思います。

 

そこで、見つけたのがアダムスキー式腸活法」です。

 

『腸がすべて』という本です。

 

www.amazon.co.jp

 

この本は、原本の訳本で、日本では2020年11月27日に出版されている最新刊です。原本は、30年前に出版されていて、2017年のGoogle.it検索の食事部門でトップ10に入ったそうです。

 

30年間、理論が覆らなかったことは、すごいことだと思います。そこに目をつけ、試してみようと思いました。

 

まだ本は手にしていませんが、読んでみる価値(30年の蓄積)があると思います。

 

腸は、食べ物を吸収する部位なので、前から腸活に興味がありました。

自分が口にするもので、私の体はできている。

メンタルだって、そうなのである。

実践してみて、結果をまたお伝えしようと思います。