猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。

統合失調症と再発させないための食事改善

食事の改善はダイエットもしているので、常に気を配っています。

幸せホルモンと言われる「ドーパミン」「セロトニン」「オキシトシン」のうち、「オキシトシン」以外は食事でなんとかなります。※「オキシトシン」はふれあいや見つめあいで分泌されるそうです。

 

ドーパミン」はコーヒーとチョコレートで何とかしています。

セロトニン」は、最近はオートミール&バナナを朝食に食べることによって、「セロトニン」に原料になるトリプトファンを取っています。朝に「セロトニン」が分泌されると言われていますが、その分泌が睡眠に影響する「メラトニン」の原料になるので、とても重要視しています。

 

少し前は、朝食は納豆ご飯でした。しかし、炭水化物のGI値(血糖値が上がりやすいかどうか?)が高いため、オートミール&バナナに変更しました。このように、常に気を配っていますが、問題は、食事が統合失調症に与える影響力の大きさでしょうか?食べる量を減らすと、脳内物質にダイレクトに影響する(分泌されない)ので、1日1食とかは絶対にしないようにしています。

 

食事の量の次の問題は、どこまで改善するか?です。私の目標は、再発させないことです。もう2度と同じ過ちは犯さない。そう心に決めています。そのためには、食事をベストに持っていく必要があります。そのベストを探っている間は、逆算するとまだ再発の恐れがあると言うことです。

 

再発させないためには、ベストな食事内容を見つけなければいけません。管理栄養士さんにでも相談しようかな?料理教室通おうかな?そんな気分です。

 

基本は和食ですが、炭水化物の量をどれくらい取るのがいいのか?たんぱく質の量を取るのがいいのか?野菜は?海藻は?キノコ類は?など、まだまだ改善の余地があります。

 

今のところは、炭水化物は、オートミール30g(朝食)、玄米ご飯190g(昼・夜2食分)。炭水化物(糖質)は制限しません。一度していたのですが、生理に影響するので、止めました。男性にはいいかもしれませんが、女性は止めた方がいいと思います。たくさん食べてもいいという意味ではなく、程よく食べるのはいいと思います。たんぱく質は、計っていませんが昼に鶏の胸肉100g、夜に鍋の具材で食べるので、結構食べている気がします。足りてるかな?プロテインとか飲んだ方がいいのかな?

 

あと、腸活にも興味があります。便通はいい方ですが、ヨーグルト・納豆・キノコは腸の動きをよくしてくれるので毎日取るようにしています。ヨーグルトは夜に取るようにしています。

 

高たんぱく・低カロリーな食事には間違いないのですが、なにせ「再発させないための食事法」を確立させたい。そしてまだベストはたたきだせていない。残念です。

 

食事が確立されていて、毎日快便で、日光浴びながら運動して、睡眠も取れたら、再発なんて起こらない、もしもそれがゆるぎないものであれば!そう思っています。

 

ストレスをはねのけるためには、まず食事から!食事抜いていて、ストレスでしんどいと思っている人、一度しっかりと食事と向き合ってみてください。