猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

小食のススメ 老いなき世界へようこそ

体の健康とメンタルの健康の両立を目指して、最近は小食にはまっています。

ちらっと前のブログに書きましたが、空腹時間が16時間あると、若返り遺伝子にスイッチが入るそうです。

 

今回はその続きですが、ベストセラーになっている小食推進本を発見しました。

その名も、

「Life Span-老いなき世界」

ハーバード大学の偉い先生が書いてます。

 

クリックして、レビューだけでも読んでほしいです。

内容は、

1. 老化は治療できる病である

2. ついに生命が老いるメカニズムを解明

3. 今すぐ手に入る「老いなき身体」

4. 知識や知恵はそのままに、肉体だけ「リセット」できる未来がやってくる

5. 「病なき老い、老いなき世界」の人生戦略

 

 

この中の主軸が、小食です。

 

しかし、メンタルが弱い私に小食はいかがなものか!!!

そう、バランスよく食べないと、脳内物質に影響し、メンタルが崩れます。直接的には、不眠などの影響がまずでてきます。

 

そこで私が取り入れているのは、ほんのり小食にすることです。そう、ほんのりです!!1日1食とか、そういう極端なものではなく、3食食べますが、ほんのり小食にしているんです。

 

最近のメニューは、

朝:玄米を茶碗半分、納豆、生卵

昼:小さい玄米おにぎり1個、キチンサラダ、おかず少々

夜:鍋(7分目で終了)

 

全体で言うと、食べている量は、少な目です。それを3つに割っている感じです。

もっと少なくするなら、夜の鍋の量を減らします。朝と昼は減らしません。

 

これで老いがストップし、若返るなら簡単です。

 

でも、私はサプリメントをきちんと飲んでいます。それはやっぱり怖いからです。何が怖いって栄養が取れていない状態になるのが怖いんです。この本は、小食がいいとは書いていますが、栄養失調がいいとは書いていません。つまり、最低限の栄養素は取らないといけないんです。私はマルチビタミン・鉄・亜鉛をプラセンタ、ピクノジェノールとは別に飲んでいます。(この本では、特定のサプリメントも推奨しています)

 

でもね、考えたんです。

小食が本当に老いなき世界に導いてくれるのかどうか?は結果論なので、目撃者になったとしても、自分で実感するのはなかなか難しい。年上の人で、見た目がびっくりするくらい若い人がいるのですが、その人は小食でした。朝ご飯もほぼ食べません。ですが、睡眠がよくは取れないと言っていました。そして、精子卵子も若いのかな?と思ったりもしますし、食べないで幸せなのかな?と思ったりもします。

 

小食は、老いを遅らせてくれるけれど、幸せかどうかは別なんだと思いました。幸せの尺度は人それぞれ。若いだけで、はい、幸せですとはいかないものです。

皆様の幸せを、一番に願っております。