猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

いい判断を重ねていますか?新型コロナウイルスの後について

新型コロナウイルスっていつまで続くのでしょうか?

私は、新型コロナウイルスがインフルエンザのように、ワクチンや治療薬ができるまで(確実に摂取でき世界に広がるまで)に2年~5年はかかると予想しています。

理由は、ワクチン&治療薬の安全性確保に時間がかかるの1点です。時間がとにかくかかるのです。

 

経済は停滞しますよね。しかし、その停滞している中でも、業績を伸ばしている会社はあります。例えば、Uber, Amazon, ウォールマート, アリババ, Zoom等、パッと思いつくだけでも出てきます。と、いうことは、経営判断次第では伸びるということです。停滞している会社は新型コロナウイルスだけが理由なのでしょうか?その他にも理由がありそうです。

 

例えば、飲食店。私の家の近くには4店舗飲食店があります。どこもチェーン店ではなく、個人のお店です。その中でも、おいしくて時々通っていたお店が1店舗あります。フランス料理店です。残念なことに、新型コロナウイルスが流行りだした3~4月に、材料原価を減らすべくパスタの量が減りました。その後、だんだんと変化がありました。スープに牡蠣などを使っていたのに、ウィンナーに変更になりました。デザートのレアチーズケーキは、チーズの質が落ちました。

これでは、お客さんが離れてしまいます。私個人的には、Uberを使ってテイクアウト(イギリスではtake awayと言う)を始めるか、デザートの通販を始めたらいいのにと思っています。そして、店舗の営業を縮小した方が実入りがいいと思います。

そういう経営判断、ピンチの時にチャンスと踏んで切り返していかないと、お客が離れていきます。そして、お客が増えるチャンスを逃しています。

もうインバウンドを当てにした経営は成り立たないということを理解しなければいけません。

 

私たち個人目線でも、同じようなことが言えます。

例えば自粛期間。何もせずに過ごした人と、何かをして過ごした人と、同じ結果が待っていると思いますか?

自粛期間は、運動不足になりがちでした。

その時に、いつもと同じ量を食べ、何もせずにいたら、体重が増えるのは明らかです。節制をし、家でできる運動をしていた人は、順調に体重を減らしています。私は、運動をして節制していたので、体重は減っています。体重が減らない、増えてしまったという人は、「理由がある」ことをまずは理解しないといけません。

自粛期間は、時間がありました。

ぼーっとしていた人と、読書やオンライン英会話等で学習に励んでいた人と、同じ結果だと思いますか?その差は、今すぐではなく、新型コロナウイルスが収束したころにやってきます。

最初に言った2~5年間もあれば、毎日の小さな努力は、大きな差になります。

 

小さな判断が大きな結果を生み出します。

 

それは、私の病気、統合失調症の改善にも言えることです。

毎日の小さな判断が未来を作っていきます。

最近では、コーヒーにはまりだしたのをきっかけに、掃除が楽しくなってきました。コーヒーって道具が多いので、まめに洗ったり掃除が必要なんです。そうしていると、キッチンも片づけたいし、コーヒーを飲むリビングも片づけたい。さらにはPCでブログを書くので、自分の机や部屋も片づけたいと、どんどん広がるのです。

先延ばしは、しません!先延ばしして、「明日やろう。」は一生実現しません!

コーヒーから派生していますが、この小さな判断が私の明るい未来を作るのだと思います。

 

もう一つ、コーヒーの副産物を紹介します。それは、朝起きるのが楽しくなり、睡眠の質が上がりました。つまり、朝のコーヒータイム(豆を挽き、ハンドドリップをする一連の行動)の為に、夜更かしがなくなりました。それは、もっとさかのぼると、夜の行動にも影響しているということです。

もしも、意味もなくTVや動画を観続けてしまい、夜更かしをしてしまう人は、朝にコーヒーを淹れる(豆から)ことをお勧めします。朝がしゃきっとして楽しくなりますよ!コーヒーじゃなくて、お茶(お抹茶)を淹れるといいという人もいます。

 

私のこれらの変化は、体調を良くしています。不安に思うこともないですし、毎日ぐっすり眠れています。2回言います。不安に思わず、毎日ぐっすり眠れることが、体にとって、自分にとって平穏なんです。そうじゃない人、見直した方がいいです。

いい判断がいい結果につながるんだと思います。

チャンスは常にあります。