猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

北風と太陽

人って思ったように動いてくれないですよね?そして自分も動かない。

なんでだろう?

人を動かすのがうまい人って世の中にはいます。

 

映画『最高の人生の見つけ方』で、実業家のジャック・ニコルソンモーガン・フリーマンの奥さんに頼まれ、一緒に旅をするモーガン・フリーマンを家に帰したいときに、策を練ります。(二人は余命いくばくもないです)

 

その策がいいんです。(少しネタバレします)

 

ラウンジで一人お酒を飲むモーガン・フリーマンに1人の女性を送り込みます。まるで本当に偶然出会ったかのように会話を始めます。そのうちに、その女性はモーガン・フリーマンを自分のホテルの部屋へ誘います。その時に、モーガン・フリーマンはその誘いを断り、家に帰ることを決心します。

 

心の流れ、わかりますか?

 

モーガン・フリーマンはこの女性に部屋へ誘われて喜んだんじゃないんです。奥さんが恋しくなったんですよ。そして、奥さんが待つ家に帰ることを決心したんです。

 

その続きは、自分で映画を観てください。URL貼っておきます。

最高の人生の見つけ方

 

この心の流れを、そもそも予想して女性を送り込んでいるところが策なんですよ。

 

うまいな~って思います。

私にはできません。

そういう考えが回る人って尊敬します。

映画ながらに、すごいなって思うんです。

まるで北風と太陽のような話ですが、私にはまだ心の流れは読めません。

正面突破しかできません。

 

そもそも心って他人の力で動きませんよね?自分の意志で動いていますよね。

そこが難しいんですよね。自分の意志で動いてもらうように、こちらがしかける。

まあなんて高度なテクニック。

 

自分自身もどうやったらすんなり動くのか、わからない。