猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。いろんな情報を投稿しているので楽しんでいってください♪

恋愛・人間関係で共通のしてはいけないこと

私が書こうとしていた恋愛系?人間関係?のことで、他の恋愛を語る人とかぶっている項目がありました。今日は、それについて投稿したいと思います。

 

前は、かぶっているかどうか確認して、かぶっていなかったので、投稿していました(現在は恋愛系はすべて削除)。

でも、恋愛だけじゃなくて人間関係にも言えることだから、書いてもいいかなと思ったのです。

 

それは、恋愛や人間関係でしてはいけないことについてです。

「してはいけない」というか「感じてはいけない」ことです。

もったいぶらずに言いますと、「傷ついてはいけない」ということです。

 

え?どういうこと?と思いますよね?

傷ついたり、するでしょ?って思いますよね?

ちょっとまってください。

恋愛や人間関係で「傷つく」ってことは、相手が自分を傷つけるってことですよね?

自分自身にとって好きな相手が、自分を傷つけることを言う・するっておかしくないですか?

相手のことを好きなら、まず大前提に自分が嫌だと思うことは相手は自分にはしない。嫌なことをしてくると感じた段階で、その関係性は、「あなたは私にそんなことをしてきてはいけない」という要求をしているのと同じです。

 

私はこう書こうとしていました。

「傷つく・嫌なことをしてくると思った段階で、愛じゃない」

こんな感じです。

神戸メンタルサービスのYOUTUBE動画では、その状態を「ニーズ」と呼んでいました。もしも、観たい方は、神戸メンタルサービスを検索してください。(回し者ではありません。もしかしたら他の恋愛系の人も似たようなことを書いてるかもしれません)

 

嫌な気分になることなんて、ないんですよ、本来。でもそう感じるのは、相手に要求しているからなんです。

 

恋愛って単純です。

傷つたりしなくていいんですよ。

傷ついている時点で、自分の相手に対する愛情に問題があると理解した方がいい。

自分の相手に対する愛が、歪んでるんですよ。

 

人間関係でも同じことが言えますよね。

相手に期待したり、多少の要求があるから、傷ついたりします。

でも、そもそも、それがなければ傷つかないでしょう。

だから、傷つくことはないんです。