猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

精神を病んだ状態から、安定を求めていくブログです。最近は安定してきたので、幅広い日常についても投稿しています。応援よろしくお願いします。

楽しく生きるための希望

私が心理学の本を読もうと思ったきっかけがあります。

それは、私が恋愛のことをブログに投稿しようと思ったときに(ブログの軸から外れたのでもう削除しました)、「かぶっていたら嫌だな。意味ないな。」と思い、私が投稿しようと思っている内容とかぶっているかどうかを確認したところから始まります。

 

最初は恋愛系YOUTUBE動画を検索していたのです。

内容はかぶっていませんでしたが、ある動画の中で「統合失調症の患者さんにもこれは言えます。」みたいなことを発言したんです!え!って思いました。

恋愛とは関係なく、病気のことがでてきたので、聞き入ってしまいました。

その内容は、いわゆる「自己肯定感が低いのは両親から愛されていないと思っているところがある。」みたいな内容だったと思います。しっかりとは覚えていません。

そのフレーズで、心理学の本を読んでみようかなと思いました。

 

その時の動画はもう忘れてしまいましたが、チャンネルは覚えています。

神戸メンタルサービスというチャンネルです。URLを張っておきます。

登録者は少ないですが、人気のあるメンタルサービスのようです。

www.youtube.com

 

心理学のワークショップも神戸メンタルサービスは行っているようですが、そういうのには興味がないので、私は本のみで心理学の側面から統合失調症と向き合おうと思います。

だって、病院に行ったら、薬を渡されるだけで、なんのアプローチもありません。それなら自分でできることはやりたいじゃないですか?

本当に効き目があるのかどうか?それも確認したいです。

え?心理学なんか統合失調症に効き目あるの?と思う方いるかもしれません。

でも、アメリカでは心理学はサイエンス(科学)なんです。日本の心理学は遅れているんです。ものすごい規模のデータと実験が繰り返されています。

 

私は、一つの希望と思っています。

統合失調症の人にとって、希望がないと、とてもじゃないけどやっていけません。

しっていますか?統合失調症の人は人より平均寿命が短いことを。自殺者が多いからです。自殺者が平均寿命を下げています。

私は自殺したくないんです。楽しく生きたいんです。

 

もう消してしまった恋愛のブログですが、かぶってもいませんでしたし、独自のアプローチ方法だったと思います。なんでも、希望は必要なんだと思います。

希望がないと、人生楽しくないですよね。