猫山の日記 統合失調症と闘いながら日常を描くブログ

海外移住経験者でもあります。日本帰国後に発症。2022年6月に寛解を迎えました。これからは寛解を維持するための生活になります。いろんな情報を投稿しているので楽しんでいってください♪

健康な心と闇 開放する時間について

今日は、昨日話せなかった健康な心について私が思うところを投稿しようと思います。

 

人は1人では生きていけません。そんなに強くないんです。でも、そこに気づいている人は少ないと思います。なぜなら、「弱い自分ではいたくない」「1人で生きていける」「頼らなくても大丈夫」とか、人はその大事さに気づかないで1人でなんとかしようと思うからです。

 

落ち込んだ時や、悩んだ時に、人に言える環境を作りましょう。

「恋愛の話は友達にできても、人生についてはなかなか言えない。」

そういう偏った環境ではなく、自分をオープンにできる環境です。

難しいですよね。それができたら苦労しないし、誰もこのブログを読まない。

 

私が病気になった経緯を考察します。

私は人に頼れなかったというよりも、自分の考えを止めることができなかったので病院へ行くことになってしまったと思います。

昨日亡くなられた三浦春馬さんも、自分の考えを止めることができず、強い意志で自殺を選んでしまったんだと思います。

「あなたは1人じゃない。今は1人で抱え込まないで、病院へ行こう。」と言ってくれる人を周りに置くのは簡単ではないです。

そういう意味では、私はよく今生きていられるな、死んでたかもしれないなと思います。

私はラッキーで、生きているのかもしれません。

 

私がどうやって何をして立ち直ったかと言うと、現実とのすり合わせをまず最初にしました。

自分が思っていることが本当に正しいのか?です。

私が思っていることは、正しくないことが多かったのです。

そう、思い込みです。

思い込みが病気の原因でした。

この世で精神的に強い人がいるとするならば、その人は思い込まない人だと思います。

思い込みは、心を蝕んでいきます。

 

思い込みは、例えば恋愛でもあります。

「好きな人がなかなか私を誘ってくれない。どうして?私に原因があるのでは?」とか思いますよね?もうそれ思い込みです。あなたに原因なんかありません。ただ、彼・彼女があなたに興味がないだけです。あなたに問題なんて何1つありません。

他にも、友達関係でもあります。

「急に連絡が取れなくなった。私、なにかしたかな?」とか思いますよね?それも思い込みです。あなたは彼・彼女に連絡が取れない理由を確認すればいいだけのことです。それ以上の考えは思い込みです。連絡がとれる友人に間に入ってもらって、「どうした?」と聞いたらいいだけです。

 

思い込みが心に闇を作ります。そんな闇と私は戦い続けようと思っています。

 

では思い込まないために、どうしたか?

 

考える時間を自己投資の時間にしました。

 

私は、考えている時間の間に、26キロ増量してしまいました。なので、ダイエットが最初の課題でした。ただ考えて何もしなかった時間を、運動と食事の時間に変更しました(16キロ減が現在です)。そして、その自己投資は美容への時間へと進みました。髪型がボサボサだったので、美容院へ定期的に行くようになりました。すると、メイクもちゃんとするようになりました。どんどん自己投資の時間へシフトしていきました。これが、よかったことだと思います。自分に時間を使っているという感覚が、思い込みの時間を減らしていきました。

 

なかなか想像しにくいとは思いますが、しっかりと自己投資の時間を設けて、心を開放する時間を持ちました。私は美容院に通えることは、最高のご褒美だと思っています。今月も頑張ったなと自分を解放できます。コロナで大変なこの時期は特にそう思います。

 

美容家のMatt さん(野球選手、桑田真澄選手の息子さんです)が仕事以外は美容に時間を設けて、なおかつ実家暮らしだそうです。どこかの雑誌で「宇宙レベルで考えたら、うちらの悩みなんかホコリ以下。」みたいなことを言っていました。精神的にはとても、落ち着いているのだろうなと思いました。思い込んで、悩む時間をなくすようにしている。それ正解!!

 

でも、なかなか言えませんよね?特に男性にMattみたいな生き方してみたら?なんて。

 

ですので、言葉を変えて、思い込まないでと私は言いたい。