恋愛必勝法(その5)実践編 印象操作

前回の投稿から随分と間があいてしまいました。PCで書いているのですが、開くのが面倒で、こんなにあいてしまいました。

 

今回は、今までの必勝法を踏まえて、最初の第一歩の第一印象の印象操作にフォーカスしたいと思います。

 

え?印象操作?どういうこと?って思った方、いると思います。

 

そうです!!第一印象は操作できます!!できるんです!!

 

友人の話ですが、「(男性の)友人を紹介したら、その反応が(女性の方)『話しやすかったし、服装もいい感じやし、いい人と思う』って言われたけど、その服装(男性の方の)を選んだの私なの。」ってことがあったそうです。

 

はい、これは見事な第一印象操作ですね。

 

第一印象を操作する順番があります。

1.男女ともに、髪型を整えましょう。

髪型?なんで?と思いますか?髪型は重要です。もし仕事で相手がボサボサの髪型で登場したら、「この人、大丈夫かな?鏡見る時間ないのかな?」って思いますよね?そう、社会生活で髪型を整えるのは、とても重要です。そして、ダメな場合、それを指摘するのはとても躊躇する部分です。

言えますか?「あなたの髪型、おかしいですよ。」とか「変ですよ。」とか「ボサボサですね。」って。言われたことない人の方が多いと思います。それだけ言いにくい部分であると言うことは、整えてしかるべき部分であると言うことです。

 

もし、あなたが女性であるなら、髪型はイメージの70%を占めると思ってください。どんなに顔が美人であってもです。女子アナ風にしたい場合、髪型はボブかショートがいいと思います。それは、キャスターでロングヘアの人が少ないからです。ニュースを読んでる女子アナは、ほとんど短めです。知的に見えるのだと思います。そして、きちんと整えましょう。ボサボサはNGです。

 

上品に見られたい人は、ロングヘアを巻き髪などにしてみましょう。洗いざらし・ゴムでまとめただけはNGです。ストレートでも美しいですが、手を加えていない髪型よりも、きちんと手入れされていることが分かっている方が好印象を与えられます。

 

映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』に出てくる主人公は、ボブヘアですが、いつもボサボサです。わざとそういう設定にしてるのだと思います。これなら、うまくはいかないだろうなと思います。

 

あと、白髪がある人は、毎月きちんと染めましょう。白髪は老けて見えます。

総合すると、美容院に毎月通ってきちんと手入れすることが重要です。美容師さんは情報通です。いろんな美容の情報を得て、グレードアップしましょう。

 

もし、あなたが男性なら、まずはなりたいイメージを美容師さんに伝えましょう。そのイメージを実現してくれる美容師さんであるなら、次は「清潔感のある髪型にしてください。」と言ってください。イメージ通りにしてくれない美容師さんなら、美容院を変えましょう。月2回か、月1回は美容院にいって、清潔感を保ってください。特別、はやりの髪型にする必要はありません!清潔感のある髪型を意識してください!

 

男性は女性ほど白髪を気にする必要はありませんが、女性よりも清潔感がとても重要です。

 

2.服装を整えましょう。

服装は、好きな服装でいいじゃない?と思う方いると思います。しかし、TPOにあっていない好感度の低い服装で来られたら、相手に不安感を与えます。

例えばお見合い。女性は、好印象を与えるカラーのワンピースなどがいいと思います。初デートなら、あえてスキニージーンズに白いシャツ、そしてアクセサリーを合わせてカジュアルかつ清潔感ある雰囲気がいいでしょう。スキニージーンズなのは、体のラインが見えるからです。だぼだぼのジーンズは避けましょう。コンビニに行くような恰好は避けましょう。

男性でお見合い場合は、スーツが基本だと思いますが、私服でおしゃれに着こなしてもいいと思います。やりすぎはダメです。男性は、初デートがとても重要です。TPOにあった、清潔感のある服装にしましょう。ユニクロで大丈夫なので、女性の友人(いない人はスタイリストに相談してもいいと思います)に、洋服を選んでもらいましょう。スタイリストに相談は、できる人はした方が無難です。なぜなら初デートは、次につながるかつながらないかの査定の場です。「この人なら大丈夫。」と思わせる服装で行きましょう。スタイリストが無理なら、YOUTUBE で検索して、調べるのもいいと思います。

 

3.込み入った会話は避けましょう。

最初から、「結婚を考えている。」とか「家族構成を教えてほしい。」とか込み入った会話は避けましょう。そんなことは、初デートでは必要ではありません。初デートで重要なのは、「この人とまともな会話ができる。」とお互いに確認できるかどうかです。会話は、お互いが楽しめる会話を選びましょう。それだけで、印象はいいです。込み入った会話は、のちのちできます。時間を無駄にしたくない、そう思う人、いると思います。大丈夫です。相手の性格は、込み入った会話をしなくても、わかります。

例えば私の場合、デートに誘われました。その人は、髪型は普通。服装はおしゃれしていました。最後の会話がダメでした。家族構成を初回で聞いてきました。しかも、親の面倒を見たくないといいました。その時点で、「この人に次はない。」と思いました。しかし、私の友人が、次もデートしてみたらというので、会うことにしました。その人と旅行の話をしていたら、「1人で旅行しておきたい。家族をもったら、海外旅行とかお金がかかっていけないから。」といいだしました。つまり、家族にお金はかけないが、自分にはかけると言うことです。その人とは、もう会っていません。会う価値がありません。込み入った話は、相手がまともだと確認出来てからしましょう。まともでない場合は、話す価値ありません。

 

この3ステップで、印象は変わります。デートが続くかどうかは、最初の印象にかかってきます。相手に、大丈夫だ、この人はまともだと思ってもらう努力だと思って、頑張りましょう。逆をいうと、髪型はボサボサ、服装は変、込み入った会話をする人は、第一印象が最悪です。改善あるのみです!!